体の中から美白する、日焼けに効く食べもの

ビタミンCを含む食材は、日焼けに対して効果的です。ビタミンCには、抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑える効果やコラーゲンの生成を促す働きがあります。紫外線を浴びることで、活性酸素が発生し肌にダメージを与えますが、抗酸化作用によって活性酸素による酸化を防ぐことができます。
ピーマンやパセリ、ブロッコリー、レモン、アセロラ、いちごなどに含まれています。ただし、ビタミンCは壊れやすく酸化しやすい性質や熱に弱い性質があるため、調理法には注意が必要です。また、水溶性ビタミンのため、水に流れ出たり、長期保存により壊れてしまうことがあります。


効率よく摂取するためには、調理時間を短くする、熱を通さなくても良いものは生で食べるようにする、栄養素が溶け出た煮汁もスープにするなど活用して性質に合わせることです。酸化しやすいため、新鮮なうちに皮をむいたらすぐに食べるようにします。また、水に溶けやすい性質から1度に大量摂取しても必要量以外は尿として排出されるため、こまめに摂取することになります。
ビタミンPと一緒に摂取することで、より効果を高めることができます。ビタミンPは、みかんやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類などがあります。

コメントは受け付けていません。