メラニンの生成をおさえる成分、アルブチン

アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖が結合してできた物質で、化学的な構造はハイドロキノンによく似ています。
シミの元になるメラニンの生成をおさえる効果があります。
メラニンが合成されるためにはチロシナーゼという酵素が必要で、酵素に直接作用してメラニンの生成をおさえます。
刺激が少なくて敏感肌の人でも使用できる美白成分です。
アルブチンと構造が似ているハイドロキノンは、同じようにチロシナーゼに作用してメラニンの生成をおさえると同時に、できてしまったメラニンを還元して取り除く効果があります。


効果が強い分かぶれや赤みの副作用があるので使うときには注意が必要です。
厚生労働省で認められている美白成分は、アルブチン、エラグ酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸です。
メラニンの生成をおさえるタイプは、アルブチン、エラグ酸、プラセンタエキス、カモミラETです。
トラネキサム酸は内服薬で、肝班の改善に効果があります。
メラニンの生成をおさえ、またできてしまったメラニンにも効果があるのは、ビタミンC誘導体、リノール酸です。ビタミンC誘導体は抗酸化作用によって凸凹になったニキビ痕にも効果があります。
美白成分は色々ありますがその効果は、メラニンの生成を抑えるタイプと、できてしまったメラニンを取り除くタイプに分けられます。
肌質や体調などによってその人にあう美白成分も変わります。
試供品などでためしてながら自分にあったものを選びましょう。

コメントは受け付けていません。