メラニン色素を薄くする成分、ハイドロキノン

メラニン色素はしみなどの原因となる厄介なものとして有名ですが、実は肌を守る目的もあります。
紫外線を浴びると体内のメラノサイトが刺激され、メラニン色素を生成しますが、これは肌に入ってくる刺激を防ぐためです。
そして役目を終えたあとは、肌のターンオーバーにて排出されるという流れを繰り返しています。
しかし、場合によってメラニン色素が余分に作られることがあり、それが排出されず残ったままになると、しみなどになりやすくなるのです。


 

ハイドロキノンは、こういったメラニン色素を薄くする効果がある成分です。
美白成分はビタミンCなど色々ありますが、その中でも特に効果が高いという特徴があります。
そのため扱いには十分に注意しなければならず、手軽に利用できる市販の美白クリームなどにはほんのわずかしか配合されていません。
あまりの効力ゆえに、しみやメラニン色素が存在しない箇所に使用すると、白斑を引き起こす恐れさえあるのです。
このようにメラニン色素を薄くするハイドロキノンですが、使用後それだけで安心してはいけません。
肌を保護するメラニン色素の働きまで弱まっている可能性がありますので、使用後は余計な日焼けを避けるために紫外線対策を心がけることも重要です。

コメントは受け付けていません。