メラニン色素を薄くする成分、ビタミンc

紫外線が強くなるこの時期は、日焼けが非常に気になる時期です。

日焼けは、紫外線によってメラニン色素が増えて、長期間そこにとどまることにより色素沈着が起こってしみやそばかすになる原因となります。

そのメラニン色素を薄くする効果があるのがビタミンCだということはご存知でしょうか。

ビタミンcは肌トラブルやニキビの改善に効果のあるビタミンですが、メラニン色素を生成するチロシンという物質を抑制し、メラニンによる色素沈着を抑える働きをします。

それ以外にも、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用や、ストレスに対抗する抗ストレスホルモンの生成するのに必要不可欠な栄養素なのです。


 

また、骨粗鬆症や美肌作りをサポートするコラーゲンの生成にも深く関わっているので、ビタミンcは人間に体にとって非常に多くの役割を担っていると言えるでしょう。

しかし、ビタミンcは水に溶けやすい性質で気をつけなければすぐに体外に排出されてしまうので、食後のデザートのフルーツを食べることで摂取したり、サプリメントを服用すると効率良く摂取できます。

特に、喫煙習慣のある人は、ビタミンcが喫煙によって消費されてしまい不足がちになるので、サプリメントで補うようにするのが望ましいでしょう。

コメントは受け付けていません。